1.データ用意



計算対象となる月のE・Fファイルと経理の月次データをご用意いただきます。E・Fファイルがない病院様は、レセ電請求データをご用意ください。



2.マスタ設定



病院基礎データの設定を行います。病院基礎データとは、診療部門や経理の勘定科目、面積、医師数、看護師数、患者数などの病院様の基本的なデータになります。



3.配賦基準の仮組提示


上記2で作成したマスタを元に、配賦基準を仮組みしてご提示します。何を配賦基準に使用すれば良いか分からない場合は、弊社にて用意してある配賦基準を元に検討していきます。
弊社にて用意してある配賦基準は、厚生労働省の原価計算調査研究の資料を参考にして作成してありますので、一般的な病院様の配賦方法を選択できます。



4.配賦基準の打合せ


病院様独自の配賦基準をセットする事で、より自院の実態に合った計算結果が得られます。
上記3で作成した配賦基準を元に、病院様独自に配賦基準を検討していきます。配賦方法につきましては、 過去の経験などからアドバイスさせていただく事も可能です。



5.実計算


1~4で作成したデータを使用して、実際に原価計算を実行します。



6.計算結果の検証


5の計算結果を元に院内で金額・内容の検証を行います。計算結果が自院の実態に合っていない場合は、再度4に戻り配賦基準を 検討いたします。